森林とバイオマス燃料

森林を蘇らせ、新しい価値を社会へ

放置された森林が及ぼす悪影響とは

放置された森林が及ぼす悪影響とは

日本は国土の約7割が森林という世界でも有数の森林大国です。しかしながら放置された森林が多く、適切な更新が行なわれていないという問題に直面しています。活用されていない森林は二酸化炭素の吸収量が低下し、地球温暖化の原因になってしまうばかりか、台風等による土砂災害が発生する恐れも。さらに雨水の浄化機能も失われるなど、わたしたちの生活に悪影響を及ぼしてしまうのです。

国有材の価値が下がり、雇用低下・林業離れへ

国有材の価値が下がり、雇用低下・林業離れへ

森林の更新が行なわれない要因の1つに、国有材の価値低下が挙げられます。近年は外国産材が供給の8割を占める状況にあり、国有材の価値は下がる一方です。その結果、林業離れや雇用率の低下を招き、山村地域では林業の衰退が地域全体の活性を妨げる原因ともなっています。広島県安芸高田市の殿林は固定買取制度の導入でこの現象に歯止めを掛け、環境を取り戻すことを目指しています。

バイオマス発電が生み出す新しい価値

バイオマス発電が生み出す新しい価値

現状では需要が低く採算性の期待できない林材は放置されているケースが目立ちます。しかしこうした未利用材を燃料とするバイオマス発電を活用することで、環境に配慮した地産地消型の循環システムを生み出すことが可能となります。バイオマス発電は平成24年7月に制定された「再生可能エネルギー固定価格買取制度」によって、国の補助事業にも後押しされる注目の事業です。未利用材の活用が新たな雇用を創出し、黒字化などの好循環を生むとも考えられています。

森林更新とバイオマス発電の循環イメージ

森林更新とバイオマス発電の循環

森林更新とバイオマス発電の循環

燃料供給から発電までの流れ

森林系木質チップ

自社森林から発生する未利用材の場合
  • 森林の買取

    森林の買取
  • 森林計画

    森林計画
  • 伐採

    伐採
  • 未利用材の加工・チップ生産

    未利用材の加工・チップ生産
  • 発電所への供給

    発電所への供給
  • バイオマス燃料での発電

    バイオマス燃料での発電
国有材等から発生する未利用材の場合
  • 未利用材の買取・集積

    未利用材の買取・集積
  • 未利用材の加工・チップ生産

    未利用材の加工・チップ生産
  • 発電所への供給

    発電所への供給
  • バイオマス燃料での発電

    バイオマス燃料での発電

廃棄物系木質チップ

  • 産業廃棄物収集運搬

    産業廃棄物収集運搬
  • 木廃材の加工・チップ生産

    木廃材の加工・チップ生産
  • 発電所への供給

    発電所への供給
  • バイオマス燃料での発電

    バイオマス燃料での発電
CONTACT